FC2ブログ

退院して家に返って来ました

みんなが喜んで迎えてくれる、ありがたさ

帰って来て、赤ちゃんにおっぱいを真ん中の子の前であげようとすると、
開口一番「赤ちゃんだめよ!!ママを噛んじゃだめよ」と飲むのを
止めようとしました
そうか、おっぱい飲むってのが噛むように見えたのかとちょっと面白かったです
真ん中の子が生まれたときの上の子とは違う反応を楽しみながら、
上二人が可愛がり、そしてミルクをあげるのを取り合いするのを
20180308114443237.jpeg
なだめながら、ああ二人とも大きくなったなぁと実感

思えばこの1年は小学校1年生と初幼稚園の二人抱えて、フルタイム勤務&
旦那開業で、前半戦はほんとバタバタでした。
4月から7月は保育園から小学校という文化の違いにハチリンほんと
戸惑っていたなと思います。。。その時は生活を送っていくのに
必死なだけでしたが、今思えばあれが私にとっての小1の壁だったなと思います
本当にいろんな人たちの助けを借りて、なんとかここまで来れて、感謝
でも救いだったのは、小1となった本人が、「学校好き〜〜」といって通ってくれていたことでした
年中の夏から年長の夏まで、アメリカで現地のプリスクールに行き、
言葉の壁があり、色々大変だったこともあった経験が力になり、自信にもなっているんじゃないかなと
親の勝手な解釈ですが、そう思いました
その経験が絶対によくてというわけじゃないけど、少なくともハチリンにとっては
時間のあるアメリカの時に娘のプリスクール行きたくないという気持ちにきちんと向き合えて
この小学校の時は行きたくないと言われなかったのは救いでした。(この1年は忙しかったので)
そういう経験が家族で出来たのは旦那が留学してくれ、連れてってくれたからだと思います

息子は初幼稚園にはじめの半月は目新しく、楽しそうにいっていましたが、
途中から「幼稚園いかん!!」という日が多くなって、
親の都合で慣れていた保育園から幼稚園に替えてしまったことは、
よかったのだろうかと悩むこともありました
でも娘が色々経験して、着実に大きくなっていることを考えると、
私が見学に行って、直感的にこの幼稚園なら大丈夫、いいと思うと感じたところ
(前の保育園も見学に行った時この直感的な良さを感じて入園を決めた)
だからきっと息子の力になるはずと信じ(当時は半ば自分に言い聞かせてましたが)、
行かせ続けることに
最近は行きたくないとは言わず、むしろ土日に行きたかった〜〜というくらい
月1回遠足があり、その遠足の日だと、本当に楽しそうに無邪気に
出かけていく姿に、それだけで癒されます
20180308114432a4e.jpeg

大きくなった二人をみてなんだか感慨深くなるハチリンでした
でもこうやって今を過ごせるのは本当に周囲の人の支えのおかげです
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
広島在住
H23年に第1子(娘),H25年に第2子(長男),H30年に第3子(次男)を産み、5人家族。
趣味写真撮影、ミュージカル観劇(東京在住時はキャトルリーフという病院や
特別支援学校でミュージカルをするNPO法人に属して、演じる方も💕)

日常のことをメインにアップしています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数