宝塚

今日はキャトルのみんなと宝塚を観にいきました。
宝塚ファンの三人は「入り待ち」といって、スターが劇場に入っていくのを
お迎えするというイベントに参加しに早くホテルを出ました

ハチリンはそこまでのファンではなかったので、ゆっくり寝てから出発することにしました。

宝塚駅で入り待ち組と合流し、「花の道」を散策していると・・

明らかに宝塚のスターらしき人がさっそうと歩いていて、その後に10人くらい女性ファンがついて歩いているのに出会いました。いやーー劇団四季とかではあまり見ない姿だよなーーと感心して見ていました

そしてとうとう劇場へ!
女性ばかりです

今日観る演目は「トラファルガー」
ナポレオン時代のイギリスの一軍人と愛人との愛の物語

IMG_1190_convert_20100613212143.jpg 

始まってまず一番に感じたのは、
「聞き取りにくい」・・それに男役の人が誰がしゃべっているのかさっぱりわからないということでした。
やっぱり、しっかり滑舌をよく、ゆっくりしゃべるのはとっても大事なことなんだと思いました。
時代背景的には興味が持てそうな時代だったのに、なんだかのめりこめないという感じでした。
でもダンスはやっぱりさすが、みんな綺麗に踊るし、美しい
それに人数がかなり出演しているので、迫力がある
しかも生演奏だから、それも劇場で観ている価値があるなぁと。

最後にみんなで話してやっぱり「聞き取りにくい」というのは共通の感想でした。
宝塚はやっぱり「トップスター」をいかにかっこよく見せるかを大事にしているところがあるのかなと思いました。
ここに来るのは、ファンにとっては本当に至福のひと時なんだろうなと。

でもいい経験になりました
いろんなものを見て感じるというのは大事なことですね。

宝塚観た後みんなと別れ、広島へ帰りました
素敵な週末でした!!
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
都内で働きながら病院や特別支援学校でボランティアでミュージカルをする団体、キャトル・リーフに属して活動していました。
H22年4月から転勤で広島へ。
H23年に第1子,H25年に第2子を産み、2児の母。
H26年8月から1年間アメリカ、ボストンにて家族で暮らします。

日常の記録などをアップしていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数