スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園のおやつ

 こちらの保育園のおやつはかなり自由な感じです
持ってきてもいいし、持ってこなくて園から出るものを食べてもいい。
そして日本の保育園の時はみんなで手を洗って、クラス全員が席についてから
食べるという感じでしたが、こちらは「snack time」と言われたら、
食べたい子だけ席につき、自分で持ってきたもの食べたり、
保育園からでるフルーツみたいなの食べたりするらしいです

唯一のしばりは、こちらはナッツのアレルギーが日本より多いので、
ナッツの入ったものは、デイケア自体に持ち込み禁止
確かにそれは一つのいい方法だと思う
ただ問題はこっちのお菓子、結構ナッツ入ったものが多い・・
このパラドックス・・・
一度娘がチョコレートがいいといって、一個だけチョコレートを
おやつの中に入れて持って行かせると、ハチリンのミスで
ナッツが入ったやつで、先生が気づいてくれて、食べないでねと
先生が言ってくれたらしい
ということがあって、日本から送ってもらったおやつをもたせたり
することもあって、娘は英語で「このおやつ何?」と聞かれるのが
最初は答えられなくて辛かった様子・・
ハチリンもわからないよ・・「おっとっと」なんて・・・
最近はわかるもので私が覚えていれば、おやつの英語名も
教えておくけど・・忘れること多し・・

前、私の英語の先生のプレゼント用にカップケーキを焼いた時は
それをもたせましたが、カップケーキはさすがに聞かずに認識して
くれたようす
でも「今日誕生日なの?誕生日じゃないのになんでカップケーキ
食べてるの?」と英語で聞かれたらしい
こちらではカップケーキ=誕生日なのかしら・・。
確かに誰かの誕生日の時には親がクラスメート分カップケーキを買って
みんなに食べてもらったり、カップケーキを焼いて食べたり
することが多いみたい
娘は多分なにも答えられなかったみたいだけど、
それを英語で理解できていることにハチリン夫婦はちょっと感激しました
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
都内で働きながら病院や特別支援学校でボランティアでミュージカルをする団体、キャトル・リーフに属して活動していました。
H22年4月から転勤で広島へ。
H23年に第1子,H25年に第2子を産み、2児の母。
H26年8月から1年間アメリカ、ボストンにて家族で暮らします。

日常の記録などをアップしていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。