今年もありがとうございました

 大晦日です、日本はもう年が明けてますね
明けましておめでとうございます

簡易なおせちの作成もひと段落。
今年の振り返り
と言っても、ビッグイベントがあると、いろんなことを忘れてしまう
この年頃・・・

何と言ってもボストン留学
ハチリンは仕事はお休みさせてもらって付いてきた身なので、
いろいろな悩みとかなくいつも気楽なブログですみません。

帰ったら働きます!あっでも、こっちでも多分あとちょっとで
work permissionというものが取れたら、旦那と同じ研究室で
少しお仕事できると思います

それはさて置き、留学したら価値観が変わるというのをよく聞いていて
旦那はまさにそれに直面したようです。
blog.livedoor.jp/yokobayashiken/archives/52173857.html
いろいろ考えながら、行動して行って、横で見ててもすごいなーと
思いつつ、自分は、価値観は変わったんだろうか?と問いて見て、
うーーん、まだわからないというのが本音です
こっちで仕事始めたら変わるのかもしれない。
今のところは日本とアメリカの違いを肌で感じながら、
感心したり、こういうところいいなと思うくらい
でも、日本にいた時の日常から離れたので、自分を見つめ直す
いい機会にはなっている気がします。

アメリカ行きが決まってからは、MPH取得目指して、早起き生活を始めて、
家事が今まで以上に適当になってしまってました。
(結局前書いたように、MPH取得でなく、こっちにいる時間を
生かそうと、旦那の研究室で働かせてもらうことを選んだので、
MPHのための勉強(TOEFLとか)はやめました。)
こっち来て、日本で使ってた生協とかネットスーパーとか
そんなものがなく、買い物に行くのも慣れるまでは時間がかかって
仕方がないし、便利な冷凍物も今まで食べていたものではないので、
料理も一から。
家事に時間をとられる毎日が始まりました。
でもそれは、渡航直前の家事手抜き生活とは反対で、
なんだか新鮮に思えました

一瞬、自分はこういう生活の方が合っているのかなんて
考えてしまったりするけど、
私の性格上、こっちでも働こうと思ってしまうことを考えると、
これからも働く道を選ぶんだろうなとは思います

「幸福」は・・・
①人に愛されること
②人に感謝されること
③人の役に立つこと
④人に必要とされること
の、4つでもたらされると聞きます。
②~④は、働くことによって実現されやすい幸せともいえます。

旦那のブログにも書いてましたが、何かの折にいつも思い出す言葉です。
私が働きたいと思う基盤のような気もします。
そして、この言葉を心から感じ取り、自分でもそう思うようになったのは、
一度仕事を離れた時でした。
私の仕事のカバーを仲間たちがしてくれて、
申し訳ないと思いつつ、戻れない日々、気持ちの葛藤。
それを経て、戻れた時に感じた2−4の気持ち、そして
身近な人の笑顔

結局見つめ直してしまうのは、日本での日常から離れているから
こそ考えてしまう自分の仕事と家庭とか人生のバランス

偏りすぎても自分はダメな気がするし、、
かといって、仕事は自分でコントロールできない時もあるし、、
難しいけど、それもまた面白いかななんて
でもそのバランスっていうのも、ほんと個人によって違うのだろうなと最近感じます
この人のようになりたいと思って目指してみても、やってみたら、
自分は違うとか、こっちの方が良かったとか、未だに試行錯誤だなーと。
いろんな人に出会って、色んなことを吸収して、
自分にあった生き方をしていきたいなと見つめ直した年末でした

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
都内で働きながら病院や特別支援学校でボランティアでミュージカルをする団体、キャトル・リーフに属して活動していました。
H22年4月から転勤で広島へ。
H23年に第1子,H25年に第2子を産み、2児の母。
H26年8月から1年間アメリカ、ボストンにて家族で暮らします。

日常の記録などをアップしていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数