スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機の中

 さあ、12時間の空の旅が始まります!(始め13時間と思っていたが、
機内放送で12時間と言われ、あっちょっと短いラッキーと思いました)

もうこの長時間フライトをどう乗り切るかが、
私のしばらくの悩み(あんまり悩んでないけど(笑))でした。
いろいろネットで検索したり、先輩ママさんから情報を得て、
(日経系に無料登録していれば、この記事みれます↓
medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/yoshida/201102/518608.html
準備したのが

・慣れたおもちゃ
・新しいおもちゃ
・二人分それぞれのおやつ
・娘用のイヤホン(子供用に大きい音がでないつくりになっている)
・レジャーシート(足元に引いて子供を座らせたり、遊ばせたりするため)
・下の子のドリンク入れてもらうための空のマグ

をバッグの中に入れ、臨戦体制に入りました
結論からいうと、今できる最大限の努力はしたつもりですが、
まあ、騒ぐときは騒ぎましたね・・
反省点も含めて書いて置きたいと思います

まず離着陸時。
耳抜きができないし、でも液体物持ち込みできない、おまけに出国審査から搭乗口
までは、ぎりぎりの時間で飲み物購入できなかったので、
娘にはお菓子の袋を持たせ、ラムネを食べなさいといっていました。
息子にもラムネをあげていたけど、お姉ちゃんが持っているお菓子の袋
が気になって気になって仕方なくて、大騒ぎ
息子用のおもちゃの袋は上の棚に置いてしまった・・・
離着陸ってシートもリクライニングしないし、電子機器も使えないから、
なんとなく神妙にしていないといけない気がしてたけど、子供は無理。
(特にイヤイヤ期に突入しつつある1歳4ヶ月の息子には。。。)
もうちょっとおもちゃとお菓子の袋手元に出しておけばよかったと反省

それでも先にベビー用の機内食を離陸前にフライトアテンダントの方が
くれていたので、そのお菓子でごまかそうと渡すと、
かなりポロポロ落ちるクッキーのようなものを息子が食べ、私も
息子もクッキーまみれ・・・
シートベルトサインが消えたら、おもちゃとかを出せて
なんとか落ち着きました離着陸のときも手元に置いておかなきゃダメですね。

娘は、私の皮膚科の先輩後輩からもらったプレゼントで遊んだり、
20150831200405cc2.jpg 
私が準備したプリキュアの塗り絵をしたり、
(でもこれまた、お姉ちゃんのおもちゃが欲しくて、息子叫ぶ・・)
機内食が来たらそれを食べたり、まあ自由に過ごせていました。

息子は、、食べさせるのも難しく、しかもベビーミール頼んじゃったものだから、
離乳食のようなものが来て、「俺もうこんなの食べませんから」と
口をへの字にして、断固拒否!!
お姉ちゃんが残したカレーを少し食べて食事終了
親は交代で息子を抱っこして、抱っこしてない方が食べ、
変わって食べるという感じ。
実は隣にも子連れの方がいて、息子より数ヶ月上くらいのお子さんを
お母さんが一人で連れていました。
「お食事どうされますか?抱っこしましょうか?」と聞くと、
「まあ、なんとかなります。寝てしまったらバシネットに寝かせてそれから
食べようかな」となんだか慣れてます
きっと何回か乗っているんだろうなという感じ!すごーい!!

そんなこんなで機内食終わって、おやすみの時間
日本時間でもう夜の10時前後。
娘も息子もさすがに眠くなってきた様子
眠くて、ぐずる息子。そして「ママがいいーー」と膝から降りない娘。
息子も最近お姉ちゃんの真似が多く「ママおわいいー」みたいな言葉を
発して、泣く、泣く・・。
どうにもならなかったので、まずお姉ちゃんを抱っこして、
息子はパパへ。
しばらくしたらなんとか娘も変わってくれて、息子を抱っこひもで私が
抱っこしてゆらゆらしたら、寝付いてくれました

とここまで書いて、結構大変なように見えますが、
まあ、その前のバッグ忘れる事件の時の焦った気持ちに比べたら、
家族みんなで飛行機に乗れたことが私は嬉しくて、
あまり大したことではなく感じれました
(怪我の功名ってやつかしら?)

寝付いたら、バシネット(ベビーベッド)登場!!



20150905013442b5b.jpg
多分このバシネットに寝かせたのが、10時半頃で、朝5時くらいまで
バシネットでスヤスヤ寝てくれました
(足はみ出てますが、まあ気にしない気にしない)
多分息子が、家族の中で一番ぐっすり眠れたと思う。

その後は娘は半分くらい私と旦那の膝で寝て、
半分は自分の席で寝て、まあ、徹夜かと思っていましたが、
なんとか親も寝れました
バシネットがほんとありがたかったーー!

朝起きて、朝ごはん(おっと現地時間だと夜ご飯か。)は
おっさすが、アメリカ行きだからハンバーガーだ!と思うと、
2015090502182390b.jpg 
なんとモスバーガー
自分でソースを挟んだりして作って食べるのが楽しい
息子がバシネットで寝てる間に、ささっと食べれました。

成田を18時10分にでて、ボストンに同じ日の18時10分着
無事にボストンに着きました!!

あーー、アメリカだーー!
20150905022114747.jpg 
綺麗な夕日が迎えてくれ、なんとなくいい幕開けのような気がして
嬉しかったです



その他の反省、感想として
レジャーシートはうちの場合使用しませんでした。
ずっと抱っこでした。
4歳の娘は大体自分の席でおもちゃで遊んだり、飛行機の中の映画で
ドラえもんがみれたので、それを見たりしていました。
娘のおもちゃのチョイスは正解だったと自画自賛
もらった布絵本(これ本当によかったーー楽しそうに遊んでました!!感謝!)、
プリキュア塗り絵、メイク塗り絵パレット(何かのおまけ)
以前大分に帰る時に絵本をメインにしてると、私が酔った時に
読んであげれないことに気づき、自分で遊べるものをメインに今回はしました

息子用のマグには頼んだら早めに水を入れてくれました。
お茶は緑茶しかなかったです。
隣のお母さんはミルクも作ってもらえていました。
機内食も頼んでなくても大体子供のを先に持ってきてくれましたが、
声をかけておくと、特に早めに持ってきてくれるようです
ベビーは1回分しか機内食なかったですが、うちはお姉ちゃんの
残したものを息子にあげました。
隣の方は、頼んだら和光堂のランチパックみたいなものを
フライトアテンダントの方が持ってきてくれていました
おやつは娘用と息子用に分けて、ジップロックに入れてもたせました。
娘はどれを食べるか考えるのも楽しかったみたいです
出発前にあーちゃんからもお菓子をもらって、自分で
選んで持っていたので、それまた嬉しかったようです

まあ、途中泣いて周りの方に迷惑はかけたけど(一緒に乗っていた方すみません・・)、
一番みんなが寝ている時間には二人とも寝てくれたので、
ほんとよかったーーー!

さあ、アメリカ生活が始まるぞーー!







スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
都内で働きながら病院や特別支援学校でボランティアでミュージカルをする団体、キャトル・リーフに属して活動していました。
H22年4月から転勤で広島へ。
H23年に第1子,H25年に第2子を産み、2児の母。
H26年8月から1年間アメリカ、ボストンにて家族で暮らします。

日常の記録などをアップしていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。