スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会

今回は子連れ学会
皮膚科の学会に子連れで行くのは初めて
今まで旦那の学会について行った時や、プライマリケア系の学会で旦那と共同に講演などするときは子供も連れて行って、託児室に預けたことはあるけど、そういう時は自分の講演の間だけ預けてたので短時間で済んでた。
今回は、自分のキャリア支援委員としての仕事が2時間とそれ以外も聞きたい講演があるので、土曜日の午後と日曜午前まるまる。
息子はまだ託児室で遊んだり、寝たりで十分だろうけど、娘は狭い部屋でその時間全部は厳しいかなと思い、日曜午前は学会主催のオプショナルツアーにいってもらうことに。
通常は就学児以上なんだけど、保護者同伴なら未就学児もOKということで、今回一人で子供二人連れて行くのは無理だろうと考え、私の母にヘルプを頼み同行してもらったので、私の母と娘でオプショナルツアーへ行ってもらうことに。

新幹線40分、快速50分の旅なので、新幹線だあーと喜んで乗り、おやつなどを食べてすごし、ぎりぎり持つ感じで、香川・高松駅に到着
ちょっと早いが、昼ごはん。
2014120707330495e.jpg 
「ここはうどんがとても美味しいんだよー」と前もって娘を洗脳してみたが、蕎麦好きの娘は「昼ごはんはそばがいい!!」と、お蕎麦屋さんへ

(結局私は、ランチョンやら何やらでうどん食べそびれた・・・学会場にも屋台でてたのに・・・ぐすん)

そばを食べ、宿に荷物預けて、学会場へ行くと、ちょうどランチョンが始まるくらいの時間。
ちょっといつもの保育園とは違う感じなので、気が進まない娘を慣れさせようと相手してたら、託児スタッフの人が「お母さんが行ったら、多分大丈夫ですよ」と送り出してくれ、なんとかランチョンへ
乾癬ばかりだなーと思いながら、入ったところは関節症性乾癬のことを話してくれて、とても勉強になりました。

その後は皮膚科とICTという私の研究テーマど真ん中の講演があったので、それをみっちり聞きました。

夕方は、今回のお仕事というか、今キャリア支援委員としてお手伝いさせてもらっているので、その企画に出席
若い先生とお話しして、私も初心思いだした。そして自分が若輩ながらも感じてきたことをちょっと伝えれて嬉しかったなぁ。

終わって、すぐ迎えに行き、宿へ。
幸い和室の宿が取れていたし、なんと宿の下についている居酒屋が、部屋に食事を持ってきてくれるということで、夕食はそうすることにーー

明日、オプショナルツアー、、、雨なんだよね。大丈夫かな・・
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
都内で働きながら病院や特別支援学校でボランティアでミュージカルをする団体、キャトル・リーフに属して活動していました。
H22年4月から転勤で広島へ。
H23年に第1子,H25年に第2子を産み、2児の母。
H26年8月から1年間アメリカ、ボストンにて家族で暮らします。

日常の記録などをアップしていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。