スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業参観?参加?

 娘と一緒に旦那の授業参観、いえ授業に参加してきました。
医学生のコミュニケーション学の授業で実際の診察のデモ患者役として

患者は娘で私は娘を連れたお母さんというそのままの設定
受診理由も鼻水と咳という、まさに先週本当に娘を小児科につれていったそのままの理由。
なんで、ふつーに受診するようにデモしてきました
初め、感じの悪い風にしようかどう演じようか、ちょっとわくわくしていたけど、旦那にふつーでいいからと言われ、演じるというより、単なる先週かかった小児科の再現のような感じでした。

反応は、、「娘がかわいいー」の連発でした。

でも最後にママ女医から一言という時間をもらって5分ほど話しをしました
これからいろんな科に進んで行って、やりたいことも違う人たちに、一概にこうしたらいいよということは言えないなーと思い、自分の大事なものは何かをきちんと見極めて、いろんな道に進んでいってほしいという風なことを言いました。
あとは、キャトルの紹介もちょっとさせてもらいました
アンケートに「ママ女医さんから話しが聞けてよかった」と書いてくれていたのでよかったです。
確かに学生の時に今の私くらいの年代の女医からの話しなんてなかなか聞く機会なかったもんなー
旦那のコミュニケーション学の授業も自分が学生の時に習っておきたかったなーと思うような、いい内容でした

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
都内で働きながら病院や特別支援学校でボランティアでミュージカルをする団体、キャトル・リーフに属して活動していました。
H22年4月から転勤で広島へ。
H23年に第1子,H25年に第2子を産み、2児の母。
H26年8月から1年間アメリカ、ボストンにて家族で暮らします。

日常の記録などをアップしていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。