我が家のひな祭り

 我が家のひな祭りパーティーは今日でした。
旦那のお父さん、お母さんと私の母が来るはずでしたが、私の母は残念ながら風邪をひき欠席

お雛様はうちの実家からの贈り物ですが、好きに選んでいいよということで、マンション暮らしの私達としては何段もあるものではなく、収納飾りでお内裏様とお雛様だけのものに
s-IMG_8226.jpg 

こちらは私の祖母がくれた吊るし雛
s-IMG_8308.jpg 
祖母の住んでいるところの近くで有名なものらしいです。
それぞれの人形の一つ一つに長寿や健康といった意味がこめられています

ひな祭りと言えば、ちらしずし
s-IMG_8279.jpg 
レンコンのしゃきしゃき感が美味しいちらし寿司が出来ました!

娘にはまだ酢飯は食べにくいかなと、こちらにしました。
s-IMG_8228.jpg 
クックパッドで見た、菱形の押し寿司(酢飯じゃなく、軟飯にブロッコリー、にんじんのすりおろし、鶏のささみで彩りを作っています)、鮭バーグ、トマト、あと蛤はなかったので、ふつうのお吸い物
最近汁物好きの娘はごくごく飲み、ごはんも半分くらい食べた後、バナナを一本ぺろり
この小さな体のどこに入ってるんだろう・・?

そしてパーティ終わった後、雛飾りが気になって仕方がなかった娘はとうとう・・・
s-IMG_8300.jpg 
手を出し、かくして今日の朝出した人形は今日の夕方にはしまってしまいました。
来年くらいからはもっと早く出してあげたいなーと思います

スポンサーサイト

断乳中

 先週の金曜日から始めた断乳。
初日は寝る前に泣きわめき、夜中4回ほど起きた時もなかなか泣き止まず、23時ころから2時半までは私が抱っこのままソファーに座りそのまま寝ていました。
さすがにもういいだろうと置くと泣く
眠気&しんどさも出てきたので、途中で旦那と交代し、私は就寝。
旦那は2回ほど起きては抱っこを繰り返してくれました。

二日目の夜はだんだん私の胸が張って抱っこできなくなったので、完全に旦那にバトンタッチ
すると私は朝までぐっすり(久しぶりに朝まで起き上がらずに寝ました。生まれてから初めてくらい)
旦那は当直の気持ちで挑んで泣きそうになったらトントンして落ち着かせてくれました。
なんとそれで大泣きにはならず、旦那も起き上がって抱っこまではせずにすんだらしいです

三日目の夜は私の番。
トントンで9時半ころ眠りについて、10時半ころ一度大泣きで起きましたが、座って抱っこでまた寝てくれて、その後は泣きそうになってもやはりトントンだけで寝続けてくれました

三日間大泣きという話をよく聞いていたので、恐れていましたが、なんかいい感じのような。
何が良かったのかわかりませんが、断乳に向け準備していたのは、
①もうすぐおっぱいばいばいねと娘に話していた。
②断乳の二週間前くらいに夜3時頃に覚醒してはいはいしだすという軽い昼夜逆転が起こっていたので、その時から生活リズムを整えることに気を配ったこと。(朝起きたらホットタオルで顔を拭いて着替えさせ、午前中のうちに一度日の光に当たれるように少しでも外出する。思えば、離乳食三回になって朝パジャマのまま食べさせ、顔拭くのも離乳食食べてからでいいやとサボっていたり、寒いので外出しなかったりしていました。昼寝も一定させるようにしました。)
③おっぱいなしでも眠れるように、「赤ちゃんが朝までぐっすり眠る方法」という本を参考にして、完全に寝入るまでおっぱいを加えさせず、十分飲んだら離してあとはトントンで寝かせるようにした。
④準備というか、断乳中の日はなるべく外で遊ばせたり、ショッピングモールのはいはいスペースで十分運動させたりして疲れるようにしました。

まだ三日ですがとりあえず最初の山は越えた感じです。
ここからはもう落ち着いてくれるかなーー

スマステ鍋 とうとう第一位

 とうとうきました!
スマステ鍋の第一位

香ばしい♡みぞれ鍋
s-IMG_8217.jpg 
楽しみにほうばってみて・・・
一位なのが、納得ーー

これ白だしと酒と醤油と塩と砂糖での味付けですが、美味しいーー!
香ばしさはもちをゴマ油でいためたところから来るのですが、多分それがなくても普通にみぞれ鍋として美味しい
と、ここまで書いたら作りたくなった方、レシピはこちらです↓
cookpad.com/recipe/302563
(今レシピ見直して、えのきだけとシイタケ買っていたのに入れるの忘れたことに気付く・・・

おーーこれでスマステ鍋シリーズが終わりだなーとなんとなくやり遂げた感じを持って満足していた私
すると旦那が「おさらいしよう」と言って、もう一度録画しておいたスマステを再生。
6位に豆乳チーズ鍋とか、10位にキャベツたっぷりカレー鍋とか番外編とか、まだ作っていないけど、美味しそうなものを見つけ・・・「これ食べたい!!」
はい、ということで終了ではありませんでした

まだ続きます

食育

 先日たまたま健康科学館のキッズスペースに行ったときに1歳児の食育講座なるものが開催されると知って、今日行きました。
先着20組の申しこみ中15組までは無料託児をしてくれるということ、託児も申し込みました

栄養士の先生からのお話。
離乳食がもう少しで終わるけど、すぐに大人と同じ食事ではないですよーという、聞いたことある話ではあったけど、子供の視点に立った話しをいっぱいしてくれて勉強になりました
ついついたくさん食べてほしくて(ちなみに本日から断乳開始なのもあり、栄養をしっかり食事からと思ってしまい・・)、娘が飽きてきて動き回り始めても追いかけてスプーンを口にもっていっていました・・
子供からしたら遊びも食事もまだまだ同じようなもの、お母さんが必死の形相で追いかけてきたら何だかこの時間がいやだと思ってしまうと。
動き始めて食べなければ、片付けてしまえば、だんだん食事が終わると食べれないということが分かって、本当にお腹すいているときにはちゃんと食べるようになるはずと
あとはついついサボってしまう手づかみ食べメニュー
手づかみ食べがいいとわかっているけど、パン以外のものはなかなか難しくて・・・
野菜スティックは食べるときと食べないときがあるし、小麦粉とかで作ったおやきのようなものは食べないし・・
つい作るの億劫になっていましたが、スプーン使えるようになる前段階であり、自分で口に持って行って食べれることの喜びだとか、一口の量を自分で理解できるようになるとか、いいことを聞くと、よしもっと増やそうと!!
まあ一回の食事のうちに一つは入れてくださいということで、少しずつやっていこうかと

そして一番大事なのは楽しく食べること
食べる量が少なくても、よく動き回って、少しずつでも体重が増えていれば大丈夫
最近確実に体重は増えているからいっか。

これは今日の夕飯
s-IMG_8216.jpg 
大根を出汁で煮て鰹節をまぶしたもの、カボチャスープ、白身の魚のあんかけごはん(ごはんはまだ盛っていない状態)
先日の保育園での試食会で味噌汁とか汁物が好きなことが分かったので、大体汁物もつけるようにしてみました


しかし、、もう預けられることに慣れてきたからいいかなと思っていたけど、託児をして講座の間30分だいぶ泣いてたみたいで、ああ、今日から断乳はかわいそうだったかな・・・と反省しました。
でも始めたからには家族みんなで頑張ろう



バレンタイン

 去年は確か娘が生まれたばかりで何もできず、手伝いに来てくれていた母にイタトマのケーキを買ってきてもらいましたが、今年は作れそう!!

ということで、手作り
でも娘が寝ている間とかに作るので、できるだけ簡単なものということで、お店でこんなもの見つけました。
s-IMG_6775.jpg 
これなら、生クリームとこのチョコを混ぜて、湯せんで溶かして、丸めてココアをふるだけ
チョコも小さいタブレットみたいな形なので、刻む手間もなく早い早い!
おんぶで寝かしつけている間に、溶かして固めるところまでできました

もう一個クックパッドで見つけた簡単レシピ
cookpad.com/recipe/1359327
温めて食べると中からとろーっとチョコが出てくるあのフォンダンショコラが板チョコで簡単にできました
s-IMG_8213.jpg 

とろーっと流れてくる様子は旦那のブログご覧ください
blog.livedoor.jp/yokobayashiken/archives/51962324.html

スマステ鍋 番外編

 ランキングには入っていない番外編として紹介されていたもので、どうしても旦那が食べたいというので、奮発して

ネギ鍋
s-IMG_8209.jpg 
ごっ豪華です
普段どうしても精肉コーナーに行くと、値段比べて鶏肉や豚肉ばかり買ってしまうので、うちの食卓に牛肉がのぼることは少ないのですが。
今日はどーんと。
s-IMG_8210.jpg 
ネギ切って並べて、好みの割り下で煮るだけなので、めちゃ簡単!
今までのスマステ鍋の中で一番簡単!!でしたが、一番お値段はしました
さすがに、肉を食べた―という感じがして満足しました

黄金山登山

 旦那がダイエット中につき、運動をしたがっております。
突如、黄金山に登ろう!!

ということで、出発
自宅からグーグル検索で、片道3.9km、49分の道のり
途中通った道端にあった狸のオブジェ
s-IMG_8119.jpg 
ふもとのあたりまでで、20分。
ふもとまで来るとこんな看板が
s-IMG_8122.jpg 
登山道というより、普通の道
登っていると、何人か散歩やランニングの人に出会いますが、さすがに私たちのようにベビーカー押して登っている人はいませんでした・・

着く直前に娘がお腹すいてぐずり出して、坂道を旦那に精いっぱい早くベビーカーを押してもらって、山頂に着きました
ベビーカー押してなので、1時間10分くらいかかりました。
s-IMG_8131.jpg 
いい天気なので、瀬戸内海が綺麗に見えます

娘お待ちかねのお弁当
s-IMG_8137.jpg 
離乳食も完了期に近づいている娘にもおにぎり(手前のミニサイズのやつ。NHKのすくすく子育てからヒントをもらったゴマと青のりとかつおぶしをまぶしたもの)
s-IMG_8142.jpg 
それと水筒に野菜スープを持ってきていたので、コップに出して飲ませました。(これ野菜も食べれるので、便利でした)

食べている途中に話しかけられて、なんと私がボクササイズで通っているスタジオのインストラクターの先生でした。
その先生のレッスンは一度だけ、プリズム祭りというイベントの時に受けたことがあっただけでしたが、向こうが覚えていて話しかけてくれました
車で黄金山に登ってきていたら、ベビーカー押して登っている人がいる!と思って振り返ってみると、自分が教えたことある生徒だったと言われました
確かに子連れで来てる人はみんな車で来てました・・

でも天気もよく、あたたかい日だったので、いい運動になり気持ちよかったです。
帰りのベビーカーで娘も昼寝してくれ、Goodタイミングでしたし


スマステ鍋 第2位

スマステ鍋第2位でございます
s-IMG_8115.jpg 
八丁トマト鍋
もう混ぜちゃってるので、見た目は3位の納豆キムチ鍋とあまり変わらないように見えますが、トマトジュース1Lとトマトの水煮缶1缶使っているだけあって、きちんとトマト!!
そして八丁味噌のコクが加わっておいしーいトマト鍋になりました。
レシピはこちら→www.recipe-blog.jp/viewer/item/11807915

しかしレシピでは具が牡蠣と青梗菜と豆腐とタラだけだったので、またもや足りなさそうと思って、じゃがいも、かぼちゃ、生シイタケ、鶏肉などを加えたので、大量に余り・・・
翌日、カレーになりました
s-IMG_8206.jpg 
私としてはもつ鍋後のカレーよりこちらのカレーのほうがトマトでさっぱりしていて好きでした
あっ、鍋のあとの〆にパスタを入れた余りが、カレーの中に見えていますが、気にしないでください

給食試食会

 以前、保育園の試食会に行きましたが、それはちょっと遠い方の保育園で、今日は一番近くの方で、一時保育でも利用させてもらっている保育園の試食会に行ってきました

メニューは
s-IMG_5463.jpg 
おからハンバーグ
ほうれん草サラダ
味噌汁(かぶ、えのき、わかめ入り)
ごはん
バナナ
でした。

もう離乳食後期でほぼ完了に近づいているので、これは幼児食です。
s-IMG_5465.jpg 
ぱくぱく食べます
デザートのバナナは離乳食初期には嫌がっていたのに、食べました
しかもごはんは食べなくなってもバナナは完食

ママ用に同じおからハンバーグを出してくれたので、食べましたが、とっても美味しい
レシピもくれて、調味料の中にお好みソースもちょこっと入っていました。
これくらいの薄味なら使っていいんだーとわかりました。
味噌汁もこれくらいの味付けなら大丈夫なのねーとどれくらい味をつけていくかわかってなかったので、助かりました

続きを読む

スマステ鍋☆第3位

 スマステ鍋、第3位です。
納豆キムチ鍋
s-IMG_8107.jpg 
レシピはこちら→ameblo.jp/karegohan/entry-10209576432.html
納豆の味はちゃんとするけど、キムチ味にマッチしていて美味しかったです
ただ初めににんにくとしょうがを炒めて、ジャガイモをレンジでチンしてとやっていると、今までの鍋より作るのに時間がかかりました。
難しくはないので、手順が完全に頭に入ってればもっと早いだろうけど。
そしてレシピ通りだと少々物足りない気がして、白菜を入れました。
そうすると、3-4人分のレシピだったので、さすがにかなり余りました
明日の夕飯にもなんかアレンジして使おう


s-IMG_8103.jpg 
そして、これはとうとうテーブルの上に乗ることを覚えてしまった娘・・・
プリキュア見てます・・・
鍋は娘を寝かせてから食べれる日に作るので、大丈夫だが、今後大人の食事中に上がってきそうな・・・

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
都内で働きながら病院や特別支援学校でボランティアでミュージカルをする団体、キャトル・リーフに属して活動していました。
H22年4月から転勤で広島へ。
H23年に第1子,H25年に第2子を産み、2児の母。
H26年8月から1年間アメリカ、ボストンにて家族で暮らします。

日常の記録などをアップしていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数