スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽにょ

見たことが無かったんです。ぽにょ
雨が降っていて、どこにも出かけられず、なんか撮っていたドラマとかないかなーー
と探してみると。

「崖の上のぽにょ」の録画がありました。
メイキングから放送されていた分でメイキングを見ると、三鷹の森のジブリ美術館が出てきました

(私のプロフィールの写真はそこのロボット兵の写真です

宮崎監督が特に波にこだわって作った作品であり、コンピュータグラフィックを使ったもののけ姫や
千と千尋の神隠しから一転して手描きにこだわった作品であること
が紹介されていました。

そう思って見てみると、確かに背景の絵がすごく温かみがあるかわいい絵なんです。
しかもぽにょの舞台のモデルとなったのは広島県の鞆の浦というところ
行ったことはないですが、なんだか親近感がわきました。

心温まる物語でした
ジブリの物語ってストーリーだけでなく、日常のささいなところを丁寧に描いていてそれもまた温かい気持ちにさせてくれるなぁって思います。

メイキングの中で宮崎監督が言っていた言葉
「大切なものは半径3m以内にある」
だからこそ日常を丁寧に丁寧に描いているんだなぁと感じました
いつも繰り返される毎日もなんだかジブリ映画で見ると輝いているように見えるのはその
気持ちが織り込まれているからなんですね

スポンサーサイト

損した気分

いつの間にか、居間の時計が止まっていました・・
さっきから何度か時計見てもまだ23時になっていないやと嬉しい気持ちでこうやって
ブログを更新したりしていましたが、
あれっ??

時計が止まっているではありませんか!?
なんかまだ寝なくて大丈夫な時間と思っていたのにちょっと時間が消えた気分・・
もう寝ます・・まだ月曜日なんで

再会

暑くなってきたので、さっぱりと髪を切ろうと美容院に行きました

広島、特に私が今住んでいる地域は美容院の激戦区らしく、ひとつの大通り沿いに少なくとも今私が思いつく限りで8つくらいあります・・。何でか知りませんが・・(人口当たりの美容院の軒数が日本一らしいです)

その中から学生時代からずっと行っていて、卒業式のときも髪のセットと着付けをしてもらった美容院があり、そこに久々に行きました。数えてみるともう7年も前
もう覚えてないかな・・かなり前だし、苗字も違うし・・まったく別の人を装っていこうかしらなんて思っていたら、覚えていてくれました
出身地までしっかりと!

一緒に卒業式のとき着付けしてもらった子の話など懐かしい話しに花を咲かせながら、髪を切ってもらい、思いがけず故郷の話しも出て心温まるひとときでした

もちろん、腕も良くていい感じに仕上げてくれました。
シャンプーも気持ちいいし、おすすめの美容院なんです
だからこんな激戦区でもいつも予約いっぱいなんだろうなぁ

チーズケーキ

 昨日ふと思いつき、オールパンのレシピに載っていたチーズケーキを作りたくなって作りました。


ビスケット潰して、常温に戻したバターと混ぜ、オールパンに敷き詰める。
クリームチーズと砂糖と卵とレモンの絞り汁をミキサーで混ぜ、
先ほどの潰したビスケットの上に流し込む。
40分焼く。


これだけで出来ちゃいました!!
ちょっと火加減がわからなかったので、40分ではなく、1時間近く焼いてしまいましたが、
全部で1時間半ほどでできちゃいました!!

IMG_1197_convert_20100613213707.jpg 

今日はこのチーズケーキを持って旦那のお姉さん夫婦のところへ

チーズケーキをおすそわけして、マンガ「名探偵コナン」をどっさり借りて帰りました。
この間も少し借りてはまってしまって、もっと読みたいなぁと。


帰って5巻くらい一気に読んでしまいました・・

宝塚

今日はキャトルのみんなと宝塚を観にいきました。
宝塚ファンの三人は「入り待ち」といって、スターが劇場に入っていくのを
お迎えするというイベントに参加しに早くホテルを出ました

ハチリンはそこまでのファンではなかったので、ゆっくり寝てから出発することにしました。

宝塚駅で入り待ち組と合流し、「花の道」を散策していると・・

明らかに宝塚のスターらしき人がさっそうと歩いていて、その後に10人くらい女性ファンがついて歩いているのに出会いました。いやーー劇団四季とかではあまり見ない姿だよなーーと感心して見ていました

そしてとうとう劇場へ!
女性ばかりです

今日観る演目は「トラファルガー」
ナポレオン時代のイギリスの一軍人と愛人との愛の物語

IMG_1190_convert_20100613212143.jpg 

始まってまず一番に感じたのは、
「聞き取りにくい」・・それに男役の人が誰がしゃべっているのかさっぱりわからないということでした。
やっぱり、しっかり滑舌をよく、ゆっくりしゃべるのはとっても大事なことなんだと思いました。
時代背景的には興味が持てそうな時代だったのに、なんだかのめりこめないという感じでした。
でもダンスはやっぱりさすが、みんな綺麗に踊るし、美しい
それに人数がかなり出演しているので、迫力がある
しかも生演奏だから、それも劇場で観ている価値があるなぁと。

最後にみんなで話してやっぱり「聞き取りにくい」というのは共通の感想でした。
宝塚はやっぱり「トップスター」をいかにかっこよく見せるかを大事にしているところがあるのかなと思いました。
ここに来るのは、ファンにとっては本当に至福のひと時なんだろうなと。

でもいい経験になりました
いろんなものを見て感じるというのは大事なことですね。

宝塚観た後みんなと別れ、広島へ帰りました
素敵な週末でした!!

関西進出!

キャトル・リーフ初の関西公演が本日行われました!!

縁あって病院の事務長さんが呼んでくださり、遠征におけるいろいろな

問題を解決して実現しました

病院の方々はとても温かく迎えてくださいました!

リハビリ室がとても広く充実した病院で理学療法士さんや作業療法士さんもたくさん

いらっしゃる病院でした。

そのリハビリ室を会場にして、患者さん、御家族、職員の方を合わせて

150人ちかくのお客様が

久しぶりにキャトルの公演後のみなさんの笑顔に出会えました

笑顔ってやっぱりいいですね

そして広島でもやりたいと思っているハチリンにとって今回遠征公演が実現したことは

嬉しい限りでした!!


公演後はみんなで姫路城へ

途中で芝生を見つけてみんなで寝転がったり、
IMG_1127_convert_20100612205805.jpg 

忍者がやってきて戯れたり!!
IMG_1134_convert_20100612210636.jpg 
キャトルのみんなのことなので、大騒ぎ!!

最後には忍者さんと記念撮影もしちゃいました。


その後もお茶屋さんによってお菓子を食べて寄り道しながらやっと

姫路城にたどり着きました

IMG_1154_convert_20100612211801.jpg 

別名白鷺城と言われる白い壁で作られたお城

青い空によく映えていました。

お城の後はちょっと早いけど5時から公演の打ち上げをして、

新神戸の東京からきたメンバーたちが前日泊まっていたホテルにむかいました。

盛りだくさんでとっても嬉しく、楽しい一日でした

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
都内で働きながら病院や特別支援学校でボランティアでミュージカルをする団体、キャトル・リーフに属して活動していました。
H22年4月から転勤で広島へ。
H23年に第1子,H25年に第2子を産み、2児の母。
H26年8月から1年間アメリカ、ボストンにて家族で暮らします。

日常の記録などをアップしていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。