あれっ過ぎた・・

 予定日は2月27日
経産婦なので、絶対早くなるんだろうと勝手に思っていたのに、
2月27日になっても、生まれない。
前駆陣痛のようなのが夜中に来たり、歩いていると結構ずーと
張っていたりするのに、中々来ません
主治医の先生からは、経産婦でも予定日過ぎることはあるよ、
ただ産気づいたら早いだけだよーーと言われ、そうなんだーと
思って、まああと少しの妊婦生活を楽しむことに

2月16日に引っ越しして、ちょこちょこ片づけて、
やっと家の中が落ち着いて暮らせるようになってきたので、
散歩をしたり、DVDでマタニティビクスをして、出産への体力を
作ることに力を注げるなーと思い直して
思えば2月結構バタバタだった・・・
研究ワークショップの準備とスカイプ参加、引っ越し準備、
アンパンマンミュージカルに行き、引っ越し。
そして学会(発表じゃないけど、指導医だったので)
全部こなせてから出産できるか時期的に微妙だと思ったけど、
全部こなせたーー
あっいや、こなせてなかった・・・キャトルのメルマガ2月初めの
私の番なのに、抜けてしまっていました・・・
ほんとうにすみません。。。
いつの間にか2月半ばに入ってて、、すみませんでした。

でもここまで来れて、支えてくれた皆様にほんと感謝です。
あとは待つのみ
スポンサーサイト

産まれた‼

タイトルの通り、無事に28日午前に女の子産まれましたo(^▽^)o
腰の痛みから始まって、時間も不定期だったから前駆陣痛とどっちだろうと思っていましたが、段々お腹も痛くなり、来院して二時間半で産まれてくれました。初産にしては早くて助かりました!
赤ちゃんを胸に抱いたときの温もり、感動にまだひたっています!
可愛いです(^O^)
付き添ってくれた旦那をはじめ色んな方に支えられ、産まれました!
本当にありがとうございます!
出産の振り返りはまた後日いたします。
とりあえず報告でした!

準備物品の振り返り(長文です)

 出産までに準備することはしたかなーっという感じになってきたので、覚書のために準備物品ややったこと記録しておこうと思います
ちょっと今日のブログは覚書用なので、長いです・・。今から妊娠出産という方には一つの例として役立つかもっ
でも準備してて思ったのは、ある人には便利だったものが別の人にはいらなかったって口コミコメントは多いもの。やっぱり自分たちの生活スタイルに合わせて準備していくのが一番なんだなーっと思いました
といってもまだ産まれてないので、ほんとに必要だったかどうかは今からですが・・

<準備物品>
大物:チャイルドシート、ベビーベッド、ベビー布団、抱っこひも
清潔用品:沐浴用のベビーバス(空気で膨らませるやつ)、沐浴剤、沐浴布、ガーゼ布、ベビー用ソープ、ベビー綿棒、ベビー用の爪切り
おむつ関連:紙おむつ1セット、おむつ捨てる用のごみ箱、おしりふき、おしりふきウォーマー
ミルク関連:哺乳瓶(pigeonの母乳実感160ml)、明治らくらくキューブ(固形で溶かせるミルク)
:短肌着、コンビ肌着、カバーオール、おくるみ、靴下、帽子、よだれかけ
マタニティ:マタニティ用黒ズボン、ジーパン、ハーフパンツ、パジャマ、マタニティ用下着、マタニティヨガの本、マタニティビクスのDVD、ノンカフェイン紅茶(ニュアージュというネット通販)、サプリメント
その他:加湿空気清浄機



初めは一人目なので張りきってネットとか見ているものリストアップして揃えようとしたけど、先輩ママさんの話しをいろいろ聞いていくうちに使うものと使わないものがあったり、生活環境によっても違うんだなーということがわかったので、途中からは産まれて必要になったら買おうと思うようになりました。それでも買い物は多かったなーと思うけど

<購入に至った経緯>
チャイルドシートは車社会の広島では必須。ベビーカーも最初に買おうなんて思っていたけど、よく考えたら初めは車での移動が多いし、車から降ろして少し抱っこくらいで足りるのではと思い、必要な月齢になればその時に必要なものを買おうと決めた。
ベビー布団、ベビーベッド。初めはベッドはレンタルにしようと思ったけど、今自分たちはダブルベッドで寝ていて布団を敷いて寝るスペースはないので、ベビーベッドでなかなか寝てくれなくても、ベッド同士をくっつけて添い寝のような感じにすればいいかと思った。そうすると、レンタルより購入の方がもし2人目というときも使えるしリーズナブルと考え購入
ベビーバス。沐浴する期間は一カ月くらいだし、これこそレンタルしようかなと思っていたけど、先輩ママさんから空気入れてふくらますやつ便利と聞いた。夏には水遊びじゃないけど、暑い時に入れてあげることもできるしということで、購入。1000円ほどで、いらない時はたためるので場所もとらない。
沐浴剤。まだわかんないけど、いらなかったかも・・・。沐浴バスの中に入れるだけでいいという触れ込みだが推奨していない助産師さんもいるらしい。確かに洗い流さないのが、気になる・・・それなら石鹸で優しく洗って優しく流す方がと思う。
おむつ。一瞬布おむつ悩んだ。確かにその方が肌にはよさそう・・かぶれたら治してあげる事はできるだろうけど、かぶれさせないようにしてあげたいなぁと思って。でも洗濯のこと布の準備とか考えてやっぱり紙に。いろんな考え方があって、いろんな選択肢があっていいと思うけど、私の性格なら紙オムツにして洗濯に追われないほうが笑顔で赤ちゃんと過ごせそうと思った。友達からもらったオムツなし育児の本、これは面白かったので、ゆるりとやってみよう。
ミルク関連。できれば母乳で育てたいなーと思う。出なければ足すけど。なのでどれくらい使うかわからないので、最低限の準備。小さい哺乳瓶とキューブ型のミルク。必要になれば買い足せばいいと思って。消毒も煮沸でいいかと。
。いろんな雑誌とかに書いてあるくらいの量を準備。ベビザラスに新生児用セットなどもあるので、それも利用しつつ、可愛いディズニーのとかも混ぜて揃えた。ベビードレスも着る機会あるかなと思いつつ、退院の時とお宮参りの時は着るだろうから購入。女の子だし、可愛い格好はさせたい
マタニティ。黒のパンツは仕事の時に重宝しました。ズボンばっかだと飽きるので、マタニティ用のハーフパンツもヘビロテだった。
ヨガの本はもともとヨガを少しやったことはあったけど、なんかマタニティでやっちゃいけないポーズとかあるのかなと思って購入。前に少し行っていたスタジオヨギー監修の本。DVD付きだったので、よかった。
マタニティビクスのDVDはマタニティビクスに行き始めてこつを掴んでから家での運動用に購入。寒い時期なので散歩にでるのも寒いなあ、でも体動かしたいという時によかった。ヨガよりしっかり動くので運動している感がある。これをすると肩凝りもよくなった。
ノンカフェイン紅茶。もともと水分をたくさんとるほうで、妊娠前は家ではウーロン茶を沸かして、水筒に紅茶を入れて職場にも持って行っていた。1,2杯ならいいっていうけど、私は結構とりすぎな方かなと思い、ウーロン茶を麦茶にしたが、つわりの時期とかに味のある飲み物が欲しくってちょっと物足りない感じが。やっぱり紅茶を気にせず飲みたいということで購入。いろいろ種類あって試飲セットみたいなのもあり、アールグレイが気に入ったので愛飲。
サプリメント。26週の検診でHb10.5と非妊時より2ほど落ちていた。この時期少し歩くだけで動悸もあった。ママミルクを飲んだり、鉄分が多いチーズを生協で頼んだり、タブレットのようなサプリを飲んだりした。まだ胃もたれがある時期だったので、ママミルクを一日三回飲むのはしんどく、タブレットが自分には合っていたようだ。そのかいあって34週の検診では12.4と非妊時と同じ数値に戻っていた。

加湿空気清浄機。家にいる時間が今から長くなり、乾燥する季節。なるべくお部屋を快適に&赤ちゃんの肌は乾燥しやすいので、それを防ぐこともできるかなと思い、購入。(買ってもらいましたが)まだ赤ちゃんはいないが、つけているとどんどんタンクの水がなくなり、思ったより空気が乾燥しているんだと実感。

とちょっと長くなりましたが、購入物品のリストでした。こうやってあげてみると、うんマタニティ生活は満喫しているように思う。(どうしてもやりたいことをやってしまうたちなので、ヨガとかマタニティビクスとかもやってるし・・)
さあ産まれたら生活が変わるっていうけど、どういう風になるのかなー


先輩からのアドバイス

 年明けの逆子事件と張りが治ったので、マタニティビクスに行ってきました。
今日はインストラクターの先生と子連れのアフタービクスの方の三人だけです

しっかり身体動かして、レッスン後に色々話しを聞きました。
産後はホルモンバランスががらっと変わるから落ち込みやすくなるとか、母乳が出ないだけでだめな母親だとか思ってしまうとか。その人は小学生が外で遊んでいるのを見ただけでなぜか「小学生が遊んでいるーー」と思って泣けてきたとか・・
「今思うとなんだそりょっていう笑い話だけどね、その時はそんな感情になっちゃうのよ」と笑いながら話してくれました

また、おむつはどうするの?って聞かれ、紙にしようと思うけど、布はどうでした?って聞くと。
「布でも紙でも合ったほうをすればいいよ。洗濯が気持ちいいし、エコだからそんなに苦なくできる人はもちろんいいけど、自分が洗濯に追われてきりきりするような気持ちになるタイプなら紙にして笑顔で赤ちゃんの相手してあげたらいいよ」と言われてなんかホッとしました。
まだそんなこだわりが自分にはなく、紙にするってのは手抜きなのかしらなんて思っていたので、すっきりしました。
どちらにしても自分なりの方法で、優しく赤ちゃんを迎え、包んであげたらいいんだなと思いました

肩の力を抜きましょう。

出産までの準備がほぼ整ったので、だいぶ時間がでてきました。
なので本を読むことが多くなり、本屋さんにも行く機会が増えました。
そこで、面白そうなマンガ見つけてつい買ってしまいました
kosodatebacchi_convert_20110114112021.jpg 
これ面白いっ
実際の出産体験の「えっ?こんなことあったの?」っていうようなことをマンガにしてるんだけど、笑えます
実際自分がこんなんなったら困るな・・とかやだなーーとかいうエピソードも多いけど、なんか笑える・・
こうやって笑いにしてしまうとなんか力も抜ける気がする
実際自分がどんなお産になるか、陣痛が来るとどんな風になっているかは来てみないと分かんないけど、ちょっと肩の力がほぐれたマンガでした 

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
都内で働きながら病院や特別支援学校でボランティアでミュージカルをする団体、キャトル・リーフに属して活動していました。
H22年4月から転勤で広島へ。
H23年に第1子,H25年に第2子を産み、2児の母。
H26年8月から1年間アメリカ、ボストンにて家族で暮らします。

日常の記録などをアップしていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数