バタバタのクリスマスイブ

メリークリスマス!
ですが、朝からこの日しかなくて、やむなく予防接種と耳鼻科受診(-.-)y-., o
平日には行けないのでせっかくのクリスマスにごめんと思いながら、クリスマスだから少ないのではと期待してたら期待ハズレ…
耳鼻科も小児科も混み混みで1時間半待ちと2時間半まち。
スマホで予約とり、まずは耳鼻科なので、耳鼻科の近くの公園で2人を遊ばせました。

でも楽しそうに遊ぶ2人みて、楽しいなら良かったと(о´∀`о)

耳鼻科終わりバタバタ小児科へ。
なんとか間に合いました。

午後からはソレイユの無印でちょっと相談事^ - ^

かなり時間かかり、ギリギリケーキを6時頃取りにいけ、家に到着!
みんなにお風呂に入ってもらう間にクリスマスディナー

間に合った〜!

クリスマスケーキは娘がプッシュドノエルがいいと言ったので、家の近くのロールケーキ専門店で購入


あ〜バタバタだったけど、みんなでごはん食べれて祝えたし、よかった〜!

ディナーのあとはワイン開けて酔っぱらった勢いで恋ダンス踊り、


一通り満足したら子どもたちを早く寝かせつけました。
さあサンタさんくるかな?

スポンサーサイト

毎日がGreat day

 1ヶ月半経ちだいぶ慣れてきた保育園。

日本の保育園といろいろ違うところも。

まず、日本で行っていたところは半袖半パンと決まっていたのですが、
こっちはなんでもOK。
まだ慣れていない時期からそれに関しては、「ドレス(ワンピースのこと)を着ていける〜」と娘は喜んでおりました。
でもある時は、エルサのドレスを着て登園している子に出会ったことがあります
きっと、これ着ていくーーと言って聞かなかったのでしょう。いやいや期真っ最中くらいのお年の女の子でした。
ちなみに10月末にはcostume dayと言って、ハロウィンなので、自由に仮装してきていいそうです

ある時は、登園すると、先生が子供にフェイスペインティングをしていました。
「○○(娘の名前)もする?私キティが描けるわよ!!」と担任の先生がいい、
その日は娘も泣かずにバイバイができ、迎えに行くと
2015102202195183c.jpeg 
キティがいました

あとは、なぜか、行くと「朝食は食べたか?」と大体聞かれて、
「食べてなければ、シリアルがあるわよ」と勧められる。
「もう食べてきた」と言っていても、娘や息子がぐずったりしてると
シリアルを食べさせられています
そして、月に1回か2月に1回くらい、親も朝食をそこで食べる日があるみたい。
初めての時は先生が話があるみたいに私を呼んで、「朝食食べていかない?」と。。
あっ、、、私も食べてきています。。今日はそういう日なんだね、
じゃあ次是非トライするわと答えました
子供たちにまじって食べるという参観日みたいなものなのかしら。
朝行くと先生も食べながら保育していることも多い

面白かったのは、帰ってきた娘が
娘「今日は○○先生(担任の先生)が誕生日だったから、みんなで歌歌ったんだよ。
それでね、○○先生がケーキ食べてたんだ〜」
私「そうなんだーー、歌歌ったんだね〜。ケーキはみんなで食べたの?」
娘「いや、先生だけ食べた。あ、男の先生も食べてたかな。」

なんと誕生日ケーキをどう準備したかわかりませんが、自分たちだけ食べていた
いやー本当自由で面白いと思います。
全然、そんなのおかしいでしょーーとか言う気には全くなりません
基本すごくよく見てくれているので、感謝です。

迎えに行くと毎日
「She(He) has a great day!!」と言って今日あったことを話してくれます。
英語がわからない中でも頑張って、1日元気に過ごすことができただけで、
そして、先生たちも温かく見てくださって、
本当にgreat dayだなとしみじみ感じます

Story Land

本当はワシントン山という山の登山列車に乗ろうと思っていましたが、往復3時間は子供たちは辛いだろうと考え、辞めることにしました。
たまたま宿で見つけたリーフレットにStory Landというテーマパークが
この近くにあることを旦那が見つけ、そこに行くことにしました

まずはプレイグランド
20151016053501d84.jpeg 
そして小さい子向けのところ
201510160532142e3.png 
お、かぼちゃの馬車がある
20151016053230aa4.png 
乗ってみよう!と乗ると、シンデレラ城に連れてってくれて、
降りろと言われた。あれ、元のところに戻らないのかなと思ったら、
次のターンで連れて帰ると。
とりあえず、シンデレラ城に
20151016053303dfc.jpeg 
おお、シンデレラがいる!そしてちょうど二人の女の子が写真撮っていて、
なんとその子たちは白雪姫の格好とアナの格好をしている。かわいーー。

ただかぼちゃの馬車に乗るだけかと思ったら、途中で降ろしてくれて、
シンデレラに会えるなんてちょっと粋なアトラクションでした。

あとはメリーゴーランドに乗ったり
20151016052742cef.png 
ジェットコースター!!
20151016052805801.png 
娘が乗ってみたいと言い出して、身長もクリアしてたので、
いや、絶対途中で泣くだろうなと思いながら一緒に乗ると、
なんと、大はしゃぎ!
えー、もうこんなの乗れるんだとびっくり
私と乗って降りた後、パパが乗りたくなって、一緒に行こうと誘うと、
なんともう一回乗った!大きくなったもんだと思ったのと
さすがハチリン夫婦の娘好きなのね、こういうの。

水遊びコーナーも一応まだオープンしてる。
20151016051837771.jpeg 
タコと紅葉のコントラストがいい感じ

登山列車には乗らなかかったけど、ここの列車に乗って、
紅葉が見れました
201510160529241a7.jpeg 
これで、満足満足

こんな可愛い水飲み場も
20151021004043c98.jpeg 
噛まれてしまっているみたい
201510160528379cb.jpeg 
室内のボール遊びコーナーも楽しそうに遊んでました

一通り遊んで、やっと昼ごはん
20151016053705779.jpeg 
いやーー、昨日の夜も宿へ向かう途中にあったケンタッキーにしたので、
なんかこの昼ごはんは結構ヘビーでした・・・

お腹もたまって、そろそろ帰らなければ、ZIPカーを返す時間に間に合わない!!
14時半頃やっとStory Landを出ました。
帰りは別の道を通りましたが、やはり3連休の最終日ちょっと混んで、
ギリギリセーフ
よかった、よかった!
楽しい紅葉旅行でした〜〜



続きを読む

紅葉

隣の州であるニューハンプシャーは紅葉が有名です
日本も体育の日で3連休ですが、こっちも12日がコロンブスディで休日なので、
泊まりがけで紅葉を見に行くことに
日帰りで行く人もいるみたいですが、往復600kmなので、子連れだと
泊まりがけがいいだろうと。
もう急に決めたので、モーテルしか空いてませんでした
モーテルというのは、車で移動することが多いアメリカならではのホテル。
車を停めれるところがあるホテルという感じ。

いきなり300km走ると子供たちも疲れるので、
まずはマンチェスターという街により、公園遊び
2015101605133861a.jpeg 
ほんと公園が充実してて嬉しい
2015101605170947f.png 
息子もいつの間にか一人で滑り台ができるように。
娘のこの時期はちょっと怖がって滑ってなかったけど、
男の子だからかな。まあ個人差か
面白いシーソーもありました。
201510160517251a7.png 
昼ごはん
20151016052051ba9.png 
米嫌いだった息子もこっちにきて外でおにぎりを食べるのは
美味しいみたいで、おにぎりをパクパク

この公園の周りもすでに紅葉が綺麗
20151016051400d09.jpeg 
2015101802423971b.jpeg 
さあ、そろそろ出なければ、まだまだ道のりは長い!
どんどん北へ走り、やっとリンカーンというところへ。
なんと、道が混まないというアメリカで混んでます

ちょうどいいスポットがあったので、休憩がてら降りました。
20151016051443b04.jpeg 
おお、いい景色ーー
ここで、満足したのと、結構時折道が混むので、もう寄り道せずに
ホテルに向かうことに。

向かう途中でもとっても綺麗で、
20151016051422476.jpeg 
こんな紅葉が40kmくらい続いていました

やっと着いた!!
モーテル!!
20151016053325ddc.jpeg 
あーよかった、暗くなる前に着いて。
明日はこの辺で遊んで帰りまーす



Apple Picking

娘がpreschoolのりんご狩りに行ってきました

まだまだ新しい保育園には慣れてなくて、それでもりんご狩りはすごく楽しみにして朝早々と起きて、遅れるから早くといつもの反対に急かされて、朝出発!

実は保護者同伴OKのイベントでしたが、りんご狩りいく?と聞くと、二つ返事で行くと答えたので、それなら1人で行ったほうがお友達と楽しめるのではと思って、付いていきませんでした。娘には親は付いて行ってもいいというのは内緒にしてました

もし当日親の同伴が多ければ、飛び込みで頼み込もうと思いましたが、2.3家族くらいきたくらいだったようです。

りんご狩り楽しんで、行き帰りのバスも日本人のお友達と話してとても楽しかった様子
その様子を見たかった気もするし、一緒に行ったらそれはそれで楽しい思い出になるだろうけど、りんご狩りという好きなことをお友達と一緒にというのが、今preschoolに少しずつ慣れていくのにいい方向に働いてくれるのではと期待しての選択でした。
多分すでに慣れている日本の保育園で、私がついていける状況だったら、一緒に行くとは思うのですが、
なんというか、りんご狩りなら言葉が通じなくても、一緒にりんごを取ってお友達と
笑いあえるかなと思って。そしてそうなるといいなと親は期待して。

帰ってきた娘の笑顔に、ああ、よかったと思いました
20151006033127823.png 
娘が取ってきてくれたりんごは、甘酸っぱくて美味しかったです

なぜか、かぼちゃも一緒に持って帰ってきました

5個取ってきたので、3個はみんなでそのまま食べて、2個は娘リクエストで、日本にいる時に保育園でよく出てたらしいおやつにしました

春巻きの皮でアップルパイ風
りんごに少し砂糖入れて煮て、春巻きの皮で巻いて揚げるだけ
「ママ、できるじゃーーん!」(前に春巻きを食べた時にこのアップルパイを期待してた
らしいので、じゃあ今度作ってあげるねと約束してたので)と言いながら喜んで食べてくれました
そんなコメントや、言葉が通じない中、毎日行く娘の姿に成長を感じ、ジーンとするハチリンでした

プロフィール

ハチリン

Author:ハチリン
都内で働きながら病院や特別支援学校でボランティアでミュージカルをする団体、キャトル・リーフに属して活動していました。
H22年4月から転勤で広島へ。
H23年に第1子,H25年に第2子を産み、2児の母。
H26年8月から1年間アメリカ、ボストンにて家族で暮らします。

日常の記録などをアップしていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

アクセス数